Blog&column
ブログ・コラム

外壁リフォームを行うタイミングとは?

query_builder 2021/12/17
コラム
14
建物の外壁にリフォームを行うのは、いつがよいのでしょうか。
今回は、外壁リフォームのベストなタイミングを見てみましょう。

外壁リフォームの目安となるタイミング
外壁リフォームには、目安となるタイミングがあります。

■一般的なタイミングは前回の塗装から10年
外壁リフォームを行うタイミングとして一般的によく言われるのが、前回の塗装から10年が過ぎたあたりです。
外壁には雨水や紫外線から建物を守るための塗料が塗られていますが、この塗料の効果は10年程度で薄れてきます。
近年は建築資材が進化していますので、10年以上はもつことも少なくありません。
とはいうものの、建物そのものに被害がおよぶ前に外壁リフォームをした方がよいという観点から、10年をめどに早めに行うのが一般的です。

外壁素材の耐久性をのばす目的も
外壁にはサイディングやモルタルなどさまざまな建築資材が使われ、雨風や紫外線から建物を守っています。
モルタルは最長で30年、サイディングは40年と、いずれも長寿命なのが特徴です。
ただし、劣化によってモルタルはひび割れを起こし、サイディングは色があせてきます。
外壁素材自体の寿命を長くするには、やはり10年ごとのタイミングで外壁リフォームを行い、塗装を塗り直すのがベストです。

▼まとめ
建物の外壁は素材ごとに耐久性が異なるものの、表面の塗装の塗り直しが必要です。
塗装の外壁リフォームを行うタイミングは、どの素材もおよそ10年と考えておくといいですね。
弊社では建物の外壁リフォームの際に、依頼者に寄り添ったコンサルティングを提供しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • あなたの家の外壁大丈夫ですか?

    query_builder 2021/10/25
  • 改修工事の種類とは?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/01
  • 改修工事を依頼する際の注意点について解説

    query_builder 2022/09/15
  • 改修工事を行うメリットについて

    query_builder 2022/09/01
  • 改修工事とは?

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE